ロボット業界向け 真空成形サービス

ロボット業界向け 真空成形サービス

近年、AI技術の発展に伴いロボットの高能力化が進んでおり、ロボット活用のニーズも高まっています。そんなロボットの外装や内部の部品にはプラスチックの成形品が多く使用されています。一般的に、これらに使用されているプラスチックの成形方法としては、射出成形や真空成形、ブロー成形などが挙げられます。実はこれらの各プラスチック成形方法は大きく特性が異なります。例えば、代表的なプラスチックの成形方法である射出成形は、サイズが小さい製品・大ロットの製品に適しています。一方で、真空成形はサイズが大きい製品、小・中ロットの製品に適しています。

つまり、「射出成形を採用するほど、大ロットではないなぁ」といった場合、真空成形が活躍します。(※形状・用途により異なります。)実際に三栄プラテックでは、ロボット業界に向け、多数の真空成形品を納入してまいりました。その中で培った豊富なノウハウ・技術を活用し、お客様の求める綺麗なロボットの外装部品・内部部品をご提供します。真空成形なら当社にお任せください。

三栄プラテックのロボット業界向け 真空成形サービスが選ばれる理由

理由① 射出成形・FRPからの工法転換でコストダウンを実現します!

ロボットに使用されるプラスチック部品・外装の主な成形方法は、真空成形の他にも、射出成形やFRP等が用いられています。ロット数や用途、形状により異なりますが、こういった射出成形・FRP等から真空成形へ工法転換することで、コストダウンを実現できる可能性が大いにあります。「コストに課題を抱えている…」「こんな形状、真空成形で実現できるかな…」などお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

理由② 単発・小ロットの試作品にも短納期で対応します!

一般的に、ロボットの具体的なデザインや仕様が決定するためには、複数回にわたる試作が行われます。当社では、こういった試作・小ロットのご依頼にも柔軟に対応しております。「急ぎの開発案件であるため、早急に試作品を作ってほしい…」「量産前に様々な形状で試作品を作り、機能をチェックしたい…」など試作品の成形も当社にお任せください。

理由③ 高度な外観品質の要求にお応えします!

ロボットの外装部品等には高度な外観品質が求められることも非常に多いです。当社では、外観品質の要求が非常に厳しい、輸送機器、ロボット関係の成形品を多数手がけてまいりました。その中で培ったノウハウ・技術を活かして、ショックラインの少ない仕上がりが綺麗な真空成形品を製作することを得意としております。

ロボット業界向け 真空成形 加工例

三栄プラテックでは、これまで数多くの真空成形加工品を手掛けてきました。下記にてその一例をご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

ロボット業界向け 真空成形に関する技術提案事例

三栄プラテックでは、お客様からのあらゆるご要望にお応えするために、形状・材質・加工方法変更などの各種VA・VE提案を行ってまいりました。下記にてその一例をご紹介しておりますので、是非ご確認ください。

ロボット業界向け 真空成形に関する技術コラム